トランプ大統領決定でアメリカ崩壊の危機!!

ニュース

トランプ大統領決定でアメリカ崩壊の危機!!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ヒスパニック(中南米系)の有権者が多いフロリダ州でも、ドナルド・トランプの躍進を止めることはできなかった。

 複数のメディア報道によると、ヒスパニックの有権者が多いためにヒラリー・クリントンが優勢と見られていたフロリダ州で、トランプが勝利して選挙人29人を獲得する見込みとなった。この結果には選挙アナリストも驚いている。

 アメリカン大学教授で人種と投票に関する著書もあるデービッド・ラブリンは、選挙前の取材で、フロリダでトランプが勝利すれば、「白人有権者を投票へと向かわせる影響力が、本当にトランプにあることを示している」と語っている。

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校の政治学教授マイケル・ソーヤーは、ヒスパニック有権者からの強いクリントン支持でも、「白人労働階級に広がった強固なトランプ支持」は覆せないことを意味している、と語っている。

世論調査会社ピューリサーチセンターの調査によれば、8月の時点で、フロリダ州のヒスパニックの有権者の68%がクリントンを支持。トランプを支持するのは19%だけだった。州全体の有権者では、クリントン支持が41%、トランプ支持が37%だったことから、トランプのメキシコ移民などに関する発言がヒスパニックの反発を買っていたことを窺わせている。

 プエルトリコ系、ドミニカ系移民は伝統的に民主党支持者が多い(プエルトリコ系移民は最近、州内で100万人を超えた)。しかしキューバ系移民が「浮動票」になり得ると、専門家は予測していた。

 選挙人29人のフロリダ州は、長年大統領選の激戦州となってきたが、特に2000年の大統領選ではフロリダ州の僅差が勝敗を分けた。今回の投票前には、フロリダ州の選挙人29人か、またはペンシルベニア州の20人を獲得することが、トランプの勝利の前提になると見られていた。

出典 http://www.newsweekjapan.jp

激戦区カリフォルニア州を獲得したトランプだが、アンチトランプ派は納まりが付かないようだ。

トランプ政権の誕生を嫌い、カリフォルニア州を米国から分離独立させようとソーシャルメディアで呼びかける人が急増。
ツイッターやフェイスブックでは、英国の欧州連合(EU)からの離脱「Brexit」をもじった「Calexit」という言葉が広がってきた。

カリフォルニア州の独立を目指すグループ「イエス カリフォルニア独立キャンペーン」は2019年に独立を問う住民投票を目指す。
同グループのフェイスブックに「いいね」と賛同する人は8日夜は1万1千人だったが
トランプ氏が勝利を決めた後の9日夜には2万人以上に爆増。

トランプ勝利に耐えられない! カリフォルニア州で独立運動再燃

爆誕したトランプ米大統領。アメリカでは「これから一体どうなっていくのか……」と危機感を募らせ、海外移住を考える人も多いもよう。そんな人々の集中アクセスを受けて、カナダ移民局のサイトが一時ダウンしてしまったとも伝えられている。

その一方で、「いっそのこと独立してやる」と考える人もいるそう。なんとカリフォルニア州では、「アメリカから独立しよう!」との声があがりまくっているというのである。

Twitter上で「#Calexit」「#Califrexit」「#CalExit」などのハッシュタグと共に、叫ばれ始めたカリフォルニア州の分離独立。

英国のEU離脱時に用いられた「Brexit」のように California と Exit が組みあわさってできたこれらの造語が、カリフォルニア独立を求める次のようなメッセージと共に Twitter 上をにぎわせている。

「私はもうアメリカ人ではない、カリフォルニア人だ」
「アメリカでも最もお金持ちの州なんだから、独立だってできるはず」
「みんなで一斉にジャンプすれば、独立が実現できるはず」
「独立できるならカリフォルニアに引っ越すよ」
「人種差別、男女差別、マイノリティ差別、障がい者差別……こんなことがアメリカを再び “偉大” にするのなら、私はもうアメリカ人ではない」

今のところ冗談半分で「独立」と言っている人も多いかもしれないが、実際に動き出している人々も存在する。「イエス・カリフォルニア独立キャンペーン(Yes California Independence Campaign)」という団体などは、カリフォルニア州独立を訴えて集会を開いているとのことだ。

以前からカリフォルニア州の一部地域では分離独立が叫ばれてきたが、今回の大統領選の結果でさらに多くの人が独立を求めるようになるかもしれない。実際にトランプ政権が始動するまでに数カ月残されているが、今後どうなっていくのだろうか?

参照元:Mashable、USA TODAY、CTV News(英語)、Twitter #Calexit
執筆:小千谷サチ

出典 http://rocketnews24.com

ラストベルトと呼ばれるオハイオ州で、今回新たに100万人もの共和党支持者が掘り起したトランプ

「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

 これまで民主党が優勢だった地域でもトランプが優位に立っている。過去には重工業が盛んだったが、産業が時代遅れになって繁栄から取り残された「ラストベルト」と呼ばれる中西部だ。そこで暮らす有権者の多くは労働者階級の白人だ。

 彼らは、予備選でサンダース候補を支持した人たちでもある。民主党は彼らの票を期待していたが、彼らは民主党ではなくトランプを選んだのだ。筆者がコラム『トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実』で書いた人々にとって、トランプもサンダースも、どちらも自分の声を代弁してくれる存在なのだ。

 だが、もうひとつ明らかになったのは、「白人対マイノリティ/移民」という対立の構図だ。開票結果を見ると、これが最も大きなファクターとなったと考えざるを得ない。

 アメリカの国民は依然として白人が最も多いが、近年はマイノリティが急増している。1992年には有権者の84%が白人だったが、現在は70%でしかない。彼らは、それを肌で感じているはずだ。

 白人の支持が多いのは共和党で、92年には党員の93%が白人、16年現在も86%を維持している。一方の民主党は、92年は白人支持者が76%だったが、現在は57%に減少し、半数近くがマイノリティになっている(ピューリサーチセンターの調査より)。

 黒人のオバマが出馬した2008年には、黒人の93%、ヒスパニック系の71%、アジア系の73%がオバマに票を投じた。今回の選挙ではヒスパニック系の投票が増えたと言われ、それがヒラリー有利に働くと予想されていた。

ところが、蓋を明けてみたら、黒人の投票数は前回2回の大統領選を大きく下回った。「黒人大統領」のオバマを応援するというモチベーションがなくなったからだろう。

 そして、白人有権者は予想以上に多く投票した。白人有権者の不満を積極的に取り込んだトランプがこの票を集めた。この差が、思いがけない州での逆転につながった。

 トランプは、予備選当初から「イスラム教徒によるテロ」「ヒスパニック系移民と都市部の黒人の暴力」「職を奪う移民」といったイメージを与え続け、「アメリカを、白人の国のままにしたい」と考える白人有権者が、堂々とソーシャルメディアでそういった意見を語れるようにした。

 差別的な発言を繰り返すトランプが社会に与える影響に恐怖を覚えるマイノリティは、ヒラリーを支持した。アメリカの人口動態は劇的に変わりつつある。アメリカは、どんどん「マイノリティ」「無宗教」「都市型」「ジェンダーフリー」の国になりつつあり、現在は過渡期だ。

 だが、メディアがそれについて語れば語るほど、アメリカでマジョリティ(多数派)としての地位を失いつつある白人有権者は恐れ、反発を覚えたのかもしれない。

 トランプの「Make America Great Again(アメリカを再び偉大にしよう)」という選挙スローガンと「アメリカを優先する」というメッセージの本質は、「アメリカを、マイノリティや移民が乗っ取る前の、居心地がよい白人の国に戻そう」ということだ。トランプに投票した裕福な白人有権者の言葉からは、そういったセンティメント(心情)を感じる。

出典 http://www.newsweekjapan.jp

2016年の米大統領選に立候補している実業家ドナルド・トランプ氏が今週、ムスリム(イスラム教徒)の米国入国を禁止すべきと発言し、国防総省が反論するなど波紋が広がっている。カリフォルニア州サンバーナディーノ郡で今月2日に起きた銃撃事件では、容疑者のひとりがイスラム過激派組織「イスラム国」(IS)への忠誠を表明していたと当局が明らかにしている。銃撃現場付近で人々の意見を聞いた。

イスラムとの溝を広げるトランプ発言

[ワシントン 7日 ロイター] - 米大統領選で共和党の指名候補争いの首位に立っているドナルド・トランプ氏は7日、イスラム教徒の米入国を禁止するよう主張した。カリフォルニア州で先週発生した銃乱射事件の犯人はイスラム教徒だった。

トランプ氏は「米当局が問題を分析できるまでの間」イスラム教徒による米国への入国を完全に禁止することを提案。「ジハード(聖戦)のみを信じて、理性を失い、人間の生命を尊重しないような人々による残虐な攻撃に対して、米国を犠牲にすることはできない」と強調した。

トランプ氏が主張するイスラム教徒の入国禁止は移民のみか、それとも学生や観光客なども含むのか、という電子メールによるロイターの問い合わせに対して、トランプ氏の選挙担当者は「全員だ」と答えた。

一方、ベン・ローズ大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)はCNNに対し、トランプ氏の提案は「米国の価値観に反する」と述べた。

他の共和党大統領候補の一部からもトランプ氏の発言に批判の声が上がっている。ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事は「トランプ氏は錯乱状態。彼の『政策』提案は真面目なものではない」とツイートした。

出典 http://jp.reuters.com

イスラム教徒差別発言で広がる波紋

アメリカ社会に詳しい慶応大学の渡辺靖教授は、「アメリカ社会は移民を中心に成り立ってきた。多様性などアメリカを支えてきた価値から離脱してしまうのではという懸念が、トランプ氏の当選を快く思わない人たちから上がっている。トランプ氏はより融和のメッセージを前面に出して実際に行動に移すことがなければ、ますます分断は進む」などと話した。

河野憲治は大統領選挙について、「結果に対してこれほど多くのデモや抗議が起きることは記憶にない。激しい選挙戦が残した後遺症という面だけでなく、アメリカ社会で広がっている様々な亀裂や分裂がいかに深刻になっているかを伺わせる」などと話した。

アメリカ・カリフォルニア州にある様々な人種の子どもたちが通う公立小学校。中南米やアジアなどにルーツを持つ子どもたちが過半数を占めている。その小学校で、これまで見られなかった変化が起きているという。今年4月、白人の子どもと中南米からの移民の子どもとの間でおもちゃを取り合う喧嘩が起きたとき、白人の子どもが「トランプに言いつけてメキシコに送り返してやる」と話した。トランプ氏の過激な発言によって、いつしか人種による差別させ許されるような空気が広がっていた。トランプエフェクトと呼ばれている。

子どもたちの社会にも現れるトランプエフェクト。白人の子どもが言った言葉に、小学校の教師は衝撃を受けている。こうした人種間の差別は、小学校以外でも広がっていた。近所の中学校に通う女の子たちは、「メキシコ系の友達はいつも怖いと言っている」、「トランプが大統領になるからお前らはメキシコに追放されるとメキシコ系の子をからかう生徒をみた」などと話した。

中には強い不安を感じている子どももいる。ベネズエラからの移民であるキキ・パドロン君を紹介。キキ君の一家がアメリカに来たのは8年前。これまでキキ君が人種の違いを意識することなどなかったという。しかしキキ君は、「トランプを真似して学校でも汚い言葉を使ったいじめがある」と話した。4つ違いのキキ君の兄も、友達から差別的な言葉を投げかけられたという。大統領選挙の結果をどのように受け止めているのか、小学校教師のトレーシー・イーグルハートさんは、「この分断は誰が大統領になろうとも解消されるとは思わない。子どもたちにはアメリカのすばらしさは多様性にあると伝え続けたい」と話した。

出典 http://tvtopic.goo.ne.jp

大人に根深い人種差別意識が存在するアメリカ


米カリフォルニア州にある公園で、中年女性がイスラム教徒のラシーダ・アルベシャリさん(31)と友人に対し、人種差別ととれる言葉を浴びせたと、12月11日付の海外メディアが報じている。

 アルベジャリさんは、友人と公園で祈りを捧げていたところ、女性が「あなたたちは、悪魔に洗脳されている」などイスラム教を批判。更に、言動はエスカレートし……。

[10日 ロイター] - 米国のイスラム教市民団体は10日、共和党のドナルド・トランプ氏が9日に勝利して以来、イスラム教徒を標的とした複数の襲撃があったと明かし、次期大統領にこうした事件を非難するよう求めた。

イスラム教の市民団体「米イスラム関係評議会(CAIR)」などによると、スカーフ姿の女性襲撃が少なくとも2件発生したほか、人種差別的な落書きや移民の子どもに対するいじめもあったという。

CAIRのイブラヒム・フーパー氏は電話インタビューで、「ここ数カ月間で、イスラム教への嫌悪が広がり、これはその避けがたい結果」だと指摘。「この種の偏狭な考えを否定するのはドナルド・トランプの責任だ」と述べた。

出典 http://jp.reuters.com

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ