高齢ドライバーの悲惨な死亡事故多発 悲惨な事故はなぜ起きる認知症との関係

ニュース

高齢ドライバーの悲惨な死亡事故多発 悲惨な事故はなぜ起きる認知症との関係
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

高齢ドライバーの事故は認知症だけが原因ではありません。
 肉体的な老化による
 反射神経の衰え
 視野が狭くなる
 判断力の低下
病気による運動能力の低下などがありますが、
そして一番危険なのは、自信過剰だそうです。


こんな兆候が現れたら運転の止め時です。
 急ブレーキが多くなる
 センターラインを踏み越える
 信号無視や道路標識の見落としが増える
 車庫入れに失敗する
 車間距離がキープできない
 カーブをスムーズに曲がり切れない

小学生登校の列に突っ込み死亡事故・認知症が疑われる高齢ドライバー

進む高齢者免許返納 優遇制度や事故多発影響
県内の65歳以上の高齢者が運転免許を自主的に返納した今年の件数は、9月までに2461人となり、昨年同期より約200人増加したことがわかった。自主返納者への優遇制度に加え、相次ぐ高齢者の事故で社会的な意識が高まったことが要因とみられる。一方、マイカーやバイクは公共交通機関が発達した都市部より必要性が高く、“生活の足”を失うことへの不安は解消されていない。(松久高広)

 免許の自主返納制度は、判断力や視力の低下といった身体機能の衰えを感じた高齢者らを対象とし、1998年に導入された。

 普及のきっかけとなったのが、2011年にスタートした高齢者向けの支援制度だ。返納時に受け取れ、身分証明にも使える「運転経歴証明書」を提示すれば、バスやタクシーのほか、飲食店や鍼灸しんきゅう院などで料金の割引サービスが受けられる。県内では路線バス5社、タクシー23社が協力。協賛店数も150程度から324にまで増えた。

 社会的な意識の高まりも、普及を後押しした。県内の高齢運転者数が5年前より約5万3000人多い約19万8000人となる中、高齢運転者が関係する事故の割合は昨年、全体(5879件)の15・3%を占めた。

 昨年12月には大津市のドラッグストア駐車場で暴走した軽トラックが買い物客ら9人をはねる事故が発生。逮捕された男性運転手(73)は「アクセルを強く踏みすぎた」と話したといい、運転操作を誤る例は後を絶たない。

 こうした現状に啓発活動が各地で強化されており、高齢運転者が運転免許を自主的に返納した件数は制度開始前の160人程度から、昨年は2861人に増加。今年はさらに増えるペースで、県警交通企画課も「少しでも『運転が怖い』と感じたら、安全を優先し、免許を返納する勇気を持ってほしい」と呼びかける。

 ただ、車を失った高齢者へのフォローは大きな課題だ。対策の柱となっている支援制度も、バスなどは運賃割引を受けられる回数に限りがある。公共交通機関は車に比べ、移動時間や混雑などから約3倍の負担がかかるという調査結果もある。

 来年3月には「記憶・判断力が低くなっている」と判定された75歳以上のドライバーに認知症診断を義務づける改正道路交通法が施行され、返納者数はさらに増えると予想される。

 県交通戦略課は「返納者のニーズが、そのまま公共交通機関に当てはまるわけではなく、画一的な対策にならないよう慎重に検討したい」と説明している。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

高齢ドライバー 首都高速逆走2キロの末の死亡事故

どう防ぐのか 高齢ドライバー事故


●運転に関する自己能力の衰えを自覚することは大事?


そうですね。
すでに運転能力が、年を取るにしたがって落ちてきているということは、お年寄りの方も十分に自覚はしているかと思うんですね。
過信があるということが、一方にはあるんですけれども。
例えば、夜間視力が低下してきているので、夜の運転を控えるなんてことは、十分に高齢ドライバーの方は取られているわけです。
私の調査などを見ても、夜間の運転は、実際にしている方っていうのは、10%にも満たないわけです。
あるいは、朝夕の混雑時の運転も控えると。
ですから、そういった運転をきちんとしているわけで、そういった運転を、補償的運転行動と、補う、償うといいまして、自分の欠点をカバーする運転ですね。
そういったことを多くの高齢ドライバーの方は、されているわけです。
それはまあ、夜間とか混雑時を避けるとか、自分の慣れた道路を運転するなんていうことは、多くの方はされているわけでして、今の京都のVTRは、そのほかにさらに、自分の運転の癖をあぶり出して、それを自分の運転にいかしていくと。
そして高齢ドライバーの方もおっしゃっていましたが、運転の、その後の運転にいかしていくということですね。
そういったことはとっても重要なことだと思いますね。
健康な高齢ドライバーの方もたくさんいらっしゃるわけですから、ああいった試みは非常に大事で、今後ぜひ、続けていってほしいと思いますね。



●運転を続ける方・免許を返納する方 社会はどう支えていく?


高齢ドライバーが激増している中では、健康状態も非常にいい人もいるわけですから、そういった方は当然、運転を継続していく、長く継続していく。
それは補償的運転行動をしていくと、そして運転を継続していくと、周りの交通関係者も、それをサポートしていくのに知恵を絞っていくということが大事かと思います。
そうじゃなくて、もう一方の方は、運転を断念をしていくという人も非常に増えていくかと思います。
その場合は、安心して車を手放せる社会を作っていくということが、とても大事になってくるかと思うんですね。
自己の尊厳を傷つけないような、そういった社会を、周りの人がサポートしていくということが、とっても大事じゃないかなというふうに思います。
(安心して運転から卒業できる環境作り、社会が大事になってくる?)
そうですね。
それを決して忘れてはいけないと思いますね。
安易に車を手放すということだけを言うことは、いけないと思います。

出典 http://www.nhk.or.jp

高齢ドライバーに運転技術劣化をドライヴレコーダーで自覚させる

警視庁によりますと、事故の総数自体は年々、減ってきていますが、高齢ドライバーが関わった事故の割合を見ると、年々、逆に増えてきています。10年の間に約2倍近い数字になっています。

コンビニや病院の駐車場で急発進、制御出来ずにそのまま建物などに突っ込む高齢ドライバーによる死亡事故2例。

東京・立川市の病院で83歳の女性が運転する乗用車にはねられて30代の男女2人が死亡した事故で、女性が「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と話していることが分かりました。

栃木県下野市の病院で84歳の男性が運転する車が暴走して89歳の女性が死亡した事故で、事故の直前に車が駐車場の出口のバーを壊して走行していたことが分かりました。 10日、下野市の自治医科大学付属病院の玄関付近で、男性が運転する乗用車が歩道に乗り上げて建物に衝突しました。

このところ連続して高齢ドライバーによる死亡事故が多発しています。高齢化社会が進むなかで早急な対策が求めれれます。

病院駐車場で車が暴走突っ込み死亡事故2例発生は偶然ではない

高齢者の免許更新の手続き

国も高齢者の交通事故の増加から制度改革を進めております。
それでは、高齢者や認知症の方の為の道路交通法の内容について確認してきましょう。

70歳以上は、高齢者講習の受講が必須

2009年の道路交通法の改正ともに、70歳以上の運転免許更新の方式が変更されました。
更新期間が満了する日における年齢が70歳以上の免許保有者が免許更新を行う時は、
更新時講習の代わりに高齢者講習を受講しなければいけなくなりました。

75歳以上は認知症の検査(講習予備検査)が必須になります。
そして、その結果に基づいた高齢者講習を受講しなければいけません。
認知機能検査は、主に記憶や見当識といった認知機能を確認する検査です。


◆講習予備検査(認知機能検査)の内容

認知機能検査は、主に記憶や見当識といった認知機能を確認する検査です。

時間の見当識テストは、検査時における年月日、曜日及び時間を回答します。

手がかり再生テストは、一定のイラストを記憶し、
採点には関係しない課題を行った後、
記憶しているイラストをヒントなしに回答し、さらにヒントをもとに回答します。

時計描画テストは、時計の文字盤を描き、さらに、その文字盤に指定された時刻を表す針を描きます。


こんな簡単過ぎるテストで充分と言えますか?
このテストに合格できないとしたら、認知症が進んでいます。
認知症は初めは老化やボケと区別しにくい程度の症状しかありません。
初期段階の認知症患者を見つけ出し、
サポートしていくには本格的な試験が必要とかんがえられます。

事故を懸念した認知症高齢者の運転免許返納 裏目にでることも

 9月14日、長野県千曲市を走る長野自動車道の追越し車線を逆走した軽乗用車と大型トラックが正面衝突。軽乗用車を運転していた無職の80代男性が死亡。

 7月14日、70代男性が新潟県五泉市の県道で乗用車を運転中、70代女性の軽トラックと衝突。事故後男性は認知症の可能性があると報じられた。

 そして、2012年11月には宮崎県えびの市の県道で、75才(当時)の男性が運転する軽トラックが路側帯に突っ込み、下校中の児童3人を次々にはねた。その1か月前の6月には北海道旭川市で3人が死亡する事故が発生した。事故を起こしたのは当時75才の女性だった。

 このように高齢者が引き起こす交通事故が近年大きな問題となっている。

 相次いだ事故を受けて、国が高齢者に勧めるのは、運転免許証の自主返納だ。1998年に始まったこの制度では、地域の警察署や運転免許センターに免許を返納後、申請すれば、免許サイズの「運転経歴証明書」が交付される。

 免許を返納すれば美術館の入館料や市バス乗車運賃などが割引になる自治体もあるため、自主的に返納する高齢者も増えてはいるが、なかなか浸透していない。2014年の自主返納者は20万人弱にとどまる。

 増大する高齢者の運転リスクに、いっそのこと「一定の年齢に達したら免許を取り上げるべき」との意見も一部からは聞かれるが、それで解決するほど事は簡単ではない。

 まず、地方を中心に自宅近所にスーパーや病院がない地域で車は生活必需品だ。現在は老老介護も増えており、車なしでは生活が成り立たない人も多く、免許返納には高いハードルがある。

 また、現在の高齢者はモータリゼーションの真っ只中を生きてきた世代で車の運転が大好きという人が多い。こうした人から免許を取り上げることは思わぬ悪影響を及ぼす。

 神奈川県在住の40代主婦がつぶやく。

「近所に80代のおじいさんが住んでいますが、離れて暮らす息子さんが運転を心配するあまり、昨年の正月におじいさんの車を勝手に売却して免許も返納させたんです。すると活発だったおじいさんの元気が急になくなり、1年も経たないうちに寝たきりになりました。ある年代の人には免許を持っていることがステイタスのようで、おじいさんは病床で免許を返納したことでもらった運転経歴証明書を名残惜しそうに眺めているそうです。息子さんの心配もわかりますが、年寄りに無理強いするのはよくないですね」

 高齢者にとっての車は単なる移動手段ではないと山梨大学工学部の伊藤安海准教授は指摘する。

「車を運転できなくなると同時に“自分は一人前の人間ではない”と落ち込むかたもいます。ひどい場合はうつ状態になることもある。高齢で仕事をリタイアして社会における役割が減るなか、車の運転は自分が社会人として世間から認められる数少ない証です。ゆえに免許を返納すると、“自分は誰かに頼らないと何もできない人間だ”と自信を喪失してしまうんです」

 認知症を患っている場合、免許返納が完全に裏目に出ることもある。

「軽度認知障害(MCI:認知症の前段階)の段階で免許を取り上げると、認知機能が急速に低下し、重篤な認知症になるリスクが高い。運転しなくなると活動が低下し、脳も使わなくなるので、症状が悪化すると考えられます。早めの免許返納にはそうしたリスクもあります」(伊藤准教授)

※女性セブン2015年12月10日号

出典 http://www.news-postseven.com

危険きわなりない高齢ドライバー運転をドライブレコーダーから検証する

踏めば必ずブレーキがかかるワンペダルアクセル車で事故は減るのか?

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ