外国人に大人気マリカーが任天堂に告訴される

ニュース

外国人に大人気マリカーが任天堂に告訴される
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

任天堂が2月24日、人気レースゲーム「マリオカート」をまねした公道カートをレンタルする会社に、1000万円の損害賠償と行為の差し止めを求めた訴訟を東京地裁に提起しました。訴えられたのは、東京都品川区に本社を置く「マリカー」(以下、略称と分けるため「マリカー」と表記します)とその代表取締役です。

法的にはどのような問題があるのでしょうか。また、任天堂の本当のねらいはどこにあるのでしょうか。

任天堂と「マリカー」の間には何の資本関係も契約関係もありません。にもかかわらず、「マリカー」は公道カートをレンタルする際に、「マリオ」「ルイージ」などの任天堂が持つ有名キャラクターのコスチュームを貸し出したうえで、そのコスチュームが映った映像や画像を任天堂の許諾なく、宣伝・営業へ利用していました。

出典 http://toyokeizai.net

きのこを食べてマリオになったら街に飛び出して競争だ!

任天堂は何故、訴訟を起こしたのか

任天堂は、「マリオカート」の略称である「マリカー」という言葉を社名にしている点を問題視しているようだ

「マリカー」は、マリオカートの略称として一般的に浸透しています
すると「マリカー」が任天堂と関連のあるサービスだと勘違いする人が出ることは十分に考えらる


マリオやルイージ、ピーチ姫などのキャラクターの
コスチュームを顧客に貸し出して
マリオカートを模したカートで公道を走行
その様子を公式ページやSNSにアップロード
口コミで広がり人気が出たと言う経緯がある


これは無断でキャラクターデザインを使用し
顧客が着用して集団で走行していること
SNSにマリオカートで遊ぶと掲載していることが
著作権(複製権・公衆送信権)を侵害する可能性が高い


任天堂としては、粗悪なサービスや商品を販売され
それが自社関連事業と顧客に判断されれば
キャラクターの価値の低下に繋がる恐れがある
ここはしっかりとパテント契約をし
任天堂の承認基準を満たした物だけにしたいと考えるのは
企業として当然の行為である

マリカーって車体はどうなってるの?

マリカー(ミニカー)を公道で見かけると思うことは
安全なのだろうかというと
そこで調べてみると
法律上は、「原動機付自転車」であり「自動車」ということになるようです


少々ややこしいのですが
ミニカーは道路交通法上は「自動車」
道路運送車両法上は「原動機付自転車」に
位置づけられます


ミニカーは、道路交通法上では「原動機付自転車」ではないので
交差点における二段階右折義務やヘルメットの着用義務はありません
そして
道路運送車両法上では「原動機付自転車」に定義されるため
座席ベルトの設置義務がありません
つまり、どの法律を適応するかで
「原動機付自転車」になったり、ならなかったりするのです


それから
道路交通法上「自動車」には座席ベルトの装着義務がありますが
道路運送車両法上
座席ベルトの設置義務があるものが対象となっていますから
ミニカーは座席ベルトが設置義務がないので装着義務もありません


ミニカーは各種法令の目的にしたがって
「原動機付自転車」の規制や
「自動車」の規制が適用されます
要するにどっちつかずの
宙ぶらりんな存在ですので
交通ルール違反で捕まった時には
何の法律で裁かれるかはハッキリしていないと言えるでしょう


法令違反も気になりましが
公道で自動車に交じって走るのは危険です
何しろ車高は低いし
シートベルトもヘルメットも付けていない
その上体を守る車体もなく
身体が丸出しですから
一度事故が起これば大けがや死亡事故につながる可能性は高いでしょう
また、加害者になったときの
保険の適用範囲が気になるところです
充分な安全対策の基で楽しんで欲しいと思います

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ